ホームページはこちら → 定方英一ホームページ

道路2016年09月01日

早いもので、

今日から、9月です。

何時ものように、

神棚に榊を上げ、

「家内安全」を

祈願であります。

道路のペイントが

完成しました。

後は、

自動車運転者の

交通安全を願うのみです。

9月議会2016年09月02日

今日から9月議会です。

初日の今日は、

本会議が開かれ、

議運の報告・
会期の決定・

議案の上程がなされ散会です。

7日の本会議においては、

平成27年度伊勢崎市

一般会計歳入歳出決算認定について、

伊勢崎クラブを代表して、

本員が質疑を行うことになりました。

この模様は、

伊勢崎市議会のHP、

インターネット中継で
観られますのでご覧になってください。
尚、翌8日は一般質問
2番目に登壇です。

28年9月議会一般質問  定方英一

  1. 市長マニフェストについて

    1 2期8年の成果と実績

    2 新規マニフェストの考え

    3 今後の取り組み

  2. 人口対策について

    1現状

    2取り組み

    3展望

    3 マイナンバーカードについて

  1. 申請状況

  2. 交付促進の考え方

  3. 申請のPR

http://www.city.isesaki.lg.jp/www/contents/1455850652860/files/H2809Tsitumon.pdf




ウオーキング2016年09月03日

7月中旬から夏休みでしたが、
今日久しぶりにウオーキングでした。

日差しは、まだまだ暑く、

歩き終わった時には、

汗びっしょりでした。

運動公園。

早川遊歩道。

百日紅の花。

小泉神社の大鳥居。

鶴巻古墳。

今日は、一日中、来る、

議会傍聴の呼びかけでした。

月一回2016年09月04日

月一会の如く、

月に一回のゴルフコンペです。

私も久しぶりのゴルフで、

途中雨で、

びしょ濡れになりながらも、

ゴルフもスポーツだからと、

真剣にプレーでした。

打ち上げパーティーです。

 



北方領土2016年09月05日

北方領土は現在、

ロシアが

占領・実効支配しております。

昭和20年の大戦時の

ドサクサに、

旧ソ連軍が828日から95日にかけ

北方領土に上陸し占領した

日本国有の領土です。

最近、にわかに、

話が始まったのか?

プーチン大統領が

安倍総理の故郷

山口県で会談とか。

安倍総理の力で

返還にでもなれば、

また総理続投ですかね。

7日の本会議では、

延べ12名の方が

質疑予定されています。

その中で本員は

議案第85号

平成27年度伊勢崎市

一般会計歳入歳出決算認定について

1番目に質疑予定です。

今日は本会議に向け

デスクワークです。


本会議2016年09月07日

今日は、議会2日目。

議案第85号に対する

質疑でした。

平成27年度決算質疑

 平成28年9月7日(水)

伊勢崎クラブを代表して、

議案第85号平成27年度伊勢崎市一般会計歳入歳出決算認定ついて質疑を行います。

五十嵐市長におきましては、伊勢崎市の顔として、いつも冷静に物事を捉え、的確な判断と機敏性をもって市政運営に当たられていることに対し、衷心より感謝申し上げると共に、これからも伊勢崎市の為にご尽力賜ります様、お願いするところであります。

さて、平成27年度は、第2次総合計画、初年度の年であり、伊勢崎市が実現を目指す、まちの姿、

「将来都市像」は、

「夢ふくらみ 安心して暮らせる 

元気都市いせさき」であります。

この将来都市像は、伊勢崎市が

・市民の誰もが夢や希望を持てる都市である。

・安心して安全に暮らせる都市である。

・人口が増加していく元気な都市である。

ことを表しております。

この将来都市像を実現するため、自然災害等への対応をはじめ、市民生活の安心・安全の確保、市民サービスの維持・向上、魅力あるまちづくりの推進など、様々な市政の諸課題に的確かつ迅速に対応していただいたものと考えます。

まさに、今の流行語、

「市民ファースト」その物であります。

国内の経済情勢に目を向ければ、緩やかな回復基調で推移していると判断されているものの、依然として厳しい状況は続いております。市内においても、雇用・所得環境の大幅な改善は見受けられず、国同様厳しい状況は続いていると推察します。

このように、先行きが不透明な経済状況のなか、市政の舵取りは、今後もますます難しいものになってくると予想されます。そのような中、限られた財源の有効活用と重点的な配分を考慮しながら、行財政の効率化と財政運営の健全化に向けた取り組みに、なお一層

努めていただくことを期待したいと思います。

市長は、市民の暮らし最優先の思いやり行政のもと、地域の特性や資源を最大限に活用し、

「伊勢崎を もっと元気に

      もっと豊かに

      もっと安全に」を

念頭において、5つの重点政策を掲げ、市政運営に取り組んでおります。

そこで、この5つの項目の各政策について、この一年を振り返り、「平成27年度決算に対する市長の思い」をお伺いいたします。

次に、質疑の第2点目ですが、市民の大切な税金等貴重な財源には限りがあるため、財政運営においては、その効率的な活用が求められるところであります。

そこで、平成27年度予算について、的確かつ有効的に事業配分をし、効率性をもって執行された事と思いますが、これを踏まえたうえでの

「平成27年度決算の特徴について」お伺いいたします。

以上2点を、平成27年度一般会計決算質疑といたしますが、答弁の内容によっては再質疑をいたします。

再質疑いたします。

質疑の2点目「決算の特徴」の中で、歳入歳出決算額、款ごとの歳入額や目的ごとの歳出額の内容をお答えいただきました。

その中で、歳入決算額については合併後2番目の805億円規模であり、歳出決算額については合併後最大の778億円規模とのことでした。

ただ、財源は無限にあるわけでなく、また、必要な  経費の縮減も限界に達する中で、この歳入歳出決算額が今後も現状程度で推移していくのか、あるいは、もっと肥大化していくのか、伊勢崎市の身の丈に合った財政と言う観点から、健全化を維持していけるのか、心配になるところであります。

このような状況で、先ほどの答弁の最後に

「健全な財政運営に努めて、まいりたい」との事でしたが、数値の上での健全な財政状況などを確認するため、平成27年度決算における「市債残高・財政力指数・経常収支比率・財政健全化判断比率の4指標の各状況について」お伺いいたします。

今日、ブログアップして

昨日、書いてないことに気付きました。

まー、たまには、

しょうがないですね。

だって、

一日中パソコンと睨めっこで

すっかり忘れていました。

相田みつを流で、

「だって、

 人間だもの」

 



一般質問2016年09月08日

今日は、

議会一般質問でした。

本員は2番目に登壇しました。

内容は、以下の通りです。

28年9月議会一般質問  定方英一

伊勢崎クラブを代表し、通告に従い順次一般質問いたします。

まず初めに市長マニフェストについてお尋ねいたします。

本員は、今回、質問するにあたり、

7年前の五十嵐市長初当選時の各社、

各新聞記事を酌まなく読みました。

それによりますと、

新市長には様々な難題が待ち受けると。

雇用を含む経済対策・伊勢崎駅周辺開発・

市民病院の経営改革・都市間競争に埋没

しない伊勢崎市づくりと、

上げれば限がありません。

また、

マニフェストでは、

5つの約束30余りの政策を掲げた。

しかし、

マニフェストとして必要不可欠な予算の

裏付けや 期限が明示されていない。

極め付きの記事は、

県議会では人柄の良さを称えられた

五十嵐氏だが、

今後首長として、いかにリーダーシップを発揮するかが問われると。

もーー、言いたい放題、

本員は、かっかして、

腸が煮え返る思いでこの記事を読みました。

しかし、皆さん、  

78か月たった今、如何でしょうか。

伊勢崎市を代表する市長として

五十嵐清隆市長が 最も適任であり、

これを上回る市長は誰もいないと 

考えるのは、本員だけではないと思います。

2期8年の市長マニフェストの柱であります、

「福祉・地域医療の充実」、

「地域経済の活性化」、

「安心、安全なまちづくり」、

「教育・スポーツ・文化の振興」、

「行財政改革の推進」と5つの約束を掲げております。

この細部に亘り細かい政策を策定し事業の

推進をしてきたことと思います。

今日は9月8日ですので、

4か月後の丁度、1月8日は伊勢崎市の

市長選挙告示日であります。

6月議会に於いては、五十嵐市長が

出馬表明し、来季に向け着々とマニフェストを練り上げている、真っ最中と推察するところであります。

そこで、

  1. 市長マニフェストについて

    1)2期8年の成果と実績

    2)新規マニフェストの考え

    3)今後の取り組みについてお伺いいたします。

    2点目人口対策についてお伺いいたします。

    日本の人口は2006年をピークに達し、先進国として、どこの国も経験したことのない、人口減少社会が到来すると言われております。これまで常に右肩上がりで成長してきた日本経済を縮小の方向に向かわせ、GDPを減少させ国力を減衰させていくものと言う悲観的な見方から、これまでの低い日本の生産性を向上させるチャンスであり、豊かな生活を享受することのできる社会へと転換することのできるチャンスであるなど、期待を込めたものまで、多様な議論が交わされております。そんな中、本市に於いても、伊勢崎市の人口が増加していく元気な都市を目指し、第2次総合計画が昨年度よりスタートしました。「夢ふくらみ 安心して暮らせる 元気都市 いせさき」の実現に向かい、まちづくりの大綱を定めました。基本政策1では:市民が健康で生き生きしたまちをつくる。2は:市民と産業を支える力強いまちをつく3では:市民が安心して安らかに暮らせるまちをつくる。4は:市民が自ら学び豊かな心を育むまちをつくる。5は:市民と協働して自立したまちをつくる。あります。この5つの中に、色々な施策を展開し事業を実施する計画であります。その他に、子ども子育て支援事業計画を策定し、「子どもを育てるなら伊勢崎市」をアピールしております。そこで、

  2. 人口対策について

    1)現状

    2)取り組み

    3)展望についてお伺いいたします。

3点目マイナンバーカードについて お伺いいたします。

マイナンバー制度は行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤であります。

国は、住民票を有するすべての方に、一人一つの12桁のマイナンバーを通知しました。

しかし、マイナンバー通知は来たものの、そのまま、放っておく家庭が殆んで、マイナンバーカードを作るまでに行かないのだと思われます。

その要因が写真を撮ったり、面倒なことが一つの要因であると考えられます。

本市に於いては、マイナンバーカードを使って10月11日から住民票の写しや印鑑登録証明書はもちろん、県内初となる戸籍謄本・抄本をはじめ所得証明書等が全国のコンビニエンス ストアー全国5万店で朝6時半 から夜11まで土日祝日も交付が可能と、

それに付け加え料金も100円安くなると。

(これは、今議会で可決になれば、ですけど)

画期的なサービスを打ち出しました。

そこで、本市ではマイナンバーカードの交付促進を図るべく、新たに「申請時来庁方式」による、申請方法を採用するとともに、マイナンバーカード申請用の

顔写真の無料撮影サービスを始めたのであります。

これも他市では行っていないサービスであり、この事をもっとPRして、市民の方に喜んでもらえるよう、

また、一人でも多くの方がマイナンバーカードを持ち利便性を感じてもらえるようでなければと思います。

本員も、先月このサービスを利用し、

マイナンバーカードを申請しましたが、とても簡単で、写真撮影入れて、ほんの5分程度で終わりました。

後は、書留でマイナンバーカードが送られて来る、のを待つのみであります。

そこで、

3 マイナンバーカードについて

1)申請状況

2)交付促進の考え方

3)申請のPRについて、お伺いいたします。

以上で質問を終わりますが、答弁の次第により再質問致します。



役員会2016年09月09日

今日は、

議会一般質問2日目でした。

夜は、

自由民主党・伊勢崎支部・常任役員会

が、開催されました。

臂支部長挨拶。

井下県議。

井野衆議院議員、法務大臣政務官。

原県議。

井野法務大臣政務官と。




花火大会2016年09月10日

今宵は、

いせさき花火大会でした。

 








お寿司2016年09月11日

田下老人会より

お寿司が届きました。

 今日は、

このお寿司を食べ、

無病息災です。